PR
PR

新酒の誕生告げる酒林 増毛・国稀酒造にお目見え 「しぼりたて」12月4日発売

 【増毛】新酒シーズンの到来を告げる酒林(さかばやし)が18日、国稀酒造(留萌管内増毛町)につり下げられた。杉の枝葉を束ね、球形に刈り込んだもので、初しぼりを知らせる。日を追って鮮やかな緑の色が変わって、熟成が進み、飲み頃を示す目安となる。

 縁起物の酒林は直径約60センチで、重さ約20キロ。岐阜市から取り寄せた。佐藤敏明店長が脚立に乗って天井からつり下げ、しめ縄を巻き付けた。玄関には小ぶりの酒林をつるした。落ち着いた茶褐色に変わる初夏ごろには、この日、しぼり始めた酒が「佳撰」として瓶詰めされて発売される。

残り:117文字/全文:372文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る