PR
PR

道、入院病床確保441億円 コロナ対策 補正予算案提出へ

[PR]

 道は18日、新型コロナウイルス対策の第6弾を中心とした総額835億6100万円の本年度一般会計補正予算案を、25日開会の第4回定例道議会に提出する方針を決めた。入院病床確保に関する事業費に441億6900万円を追加するなど感染対策が中心で、札幌市中央区の繁華街ススキノ地区の飲食店に対し、営業時間の短縮要請に伴う協力支援金への道負担分などの経済対策も盛り込んだ。

 医療提供体制の強化など感染対策に754億円。軽症や無症状の感染者を受け入れる宿泊療養施設の借り上げ費用には36億円を追加計上。医療・介護従事者への慰労金支給に、清掃委託業者などの出入り業者も対象とし、262億7500万円を上乗せする。

残り:278文字/全文:578文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る