PR
PR

寿都と神恵内の文献調査開始「重要な一歩」 加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場を巡り、原子力発電環境整備機構(NUMO)が後志管内寿都町と同管内神恵内村で選定の第1段階に当たる文献調査を始めたことについて、「重要な一歩」との認識を示した。

残り:113文字/全文:241文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る