PR
PR

コオロギも恋のためらい? 求愛にメス2段階行動 北大院教授ら解明 体内の状態変化か

 コオロギが交尾する前、オスの「鳴き声」にメスが呼び寄せられる過程の一端を、北大大学院理学研究院の小川宏人教授(神経行動学)らの研究グループが解明した。メスの行動は《1》うろうろさまよう《2》接近する―の2段階に分かれていることが判明。これまでは鳴き声を聞くと反射的にオスに近づくと考えられてきたが、メスの体内の状態が変化してから接近段階に移ることも明らかにした。

 比較動物生理学に関する国際専門誌の電子版に18日、掲載された。

残り:504文字/全文:718文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る