PR
PR

増える自殺 防ぐには

 コロナ禍が長期化する中、警察庁がまとめた今年10月の自殺者数は全国で2153人(道内は92人)となり、月単位では過去5年で最多となった。有名人の自殺も目立ち、過剰な報道や会員制交流サイト(SNS)などで拡散する不確かな情報が、新たな自殺を誘発する懸念も高まっている。自ら命を絶つ悲劇を私たちはどう防ぐべきなのか。自殺予防や報道のあり方について専門家2人に聞いた。

■行政主導し支援の輪を 札幌医大教授・河西千秋さん

■過度な報道 連鎖を誘発 いのち支える自殺対策推進センター代表理事・清水康之さん

残り:2986文字/全文:3233文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る