PR
PR

核ごみ文献調査、寿都と神恵内で開始 全国初

[PR]

 梶山弘志経済産業相は17日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定の第1段階である文献調査について、原子力発電環境整備機構(NUMO)が後志管内寿都町と同管内神恵内村で実施することを認可した。NUMOは同日、全国初となる文献調査を道内2カ所で同時に始めた。

 NUMOが発表した。文献調査の経産相認可は、2007年に全国で初めて応募した高知県東洋町以来。ただ、同町は住民の反対運動を受けて認可直後に応募を取り下げたため、実際は調査に入っておらず、道内が初の調査地となる。

PR
ページの先頭へ戻る