PR
PR

札幌外出自粛27日まで 道、市内「警戒4相当」で要請

 道は17日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、札幌市民に不要不急の外出自粛を要請し、市外の道民には札幌との不要不急の往来自粛を求める新たな感染対策を決めた。いずれも感染リスクを回避できない場合に限った対応とし、要請期間は同日から27日まで。鈴木直道知事は会議後の記者会見で、政府の観光支援事業「Go To トラベル」について、道内での継続を希望していることを改めて表明した。

 札幌市内は道独自の感染対策の基準「警戒ステージ」を「4相当」に引き上げ、既に要請している繁華街ススキノの飲食店の営業時間短縮に加え、市と連携して対策を強化する。知事は会見で「厳しい状態が続いている。感染拡大を減少に転じさせなくてはいけない」と述べ、札幌市外を含む道民に感染リスクを避ける行動を呼び掛けた。

 自粛要請の条件とした、感染リスクを回避できない例としては《1》2時間、5人以上となる飲食の場面《2》手洗いや換気など感染対策「新北海道スタイル」を実践していない施設《3》人との距離が取れない屋内の会合―を挙げた。

 また、道内でのGo To事業の継続に関し「感染リスクを回避しながら適切に利用してもらうことが必要だ」と強調。事業そのものが感染拡大の要因となった事例はないとの見方を示した。

残り:234文字/全文:774文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る