PR
PR

知事と札幌市長 一問一答

[PR]

 鈴木直道知事と札幌市の秋元克広市長の新型コロナウイルスの感染対策に関する記者団との主なやりとりは以下の通り。

 市長「札幌の感染が厳しい状況で、不要不急の外出自粛を含め強い対策を取る必要がある。11月中に感染を縮小する強い意思を持って取り組みたい」

 ――不要不急の外出自粛要請などはステージ3で可能だが、あえて札幌をステージ4相当とする理由は。

 知事「感染は道内で一様ではなく、札幌が多い。札幌の感染が全道に広がることを防がないといけない。これはかなり強い要請になると思うが、感染拡大防止と社会経済活動を両立する中で、感染防止の力を強めなければならない」

残り:343文字/全文:620文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る