PR
PR

余市蒸溜所に巨大鉛筆? ニッカ バイオ発電施設完成

 【余市】道の駅「スペース・アップルよいち」に近いニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所内に鉛筆のような形をした巨大な塔がお目見えした。

 赤いとんがり帽子をかぶったように見える塔は高さ25メートル。工場内に10月に完成したバイオガス発電施設の一部だ。製造工程で発生する有機物を含む廃液をメタン発酵し、ガスを燃やして発電を行う。発電能力は毎時150キロワットで、北海道電力に売電している。

残り:87文字/全文:279文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る