PR
PR

ドローンで農産物輸送 当別で実験 22年度実用化目指す

 【当別】小型無人機ドローンのシステム開発などを手がけるブルーイノベーション(東京)と石狩管内当別町などは12日、ドローンを使った農産物輸送の実証実験を同町内で行った。2022年度の実用化を目指す。北海道経産局によると、ドローンによる農産物輸送の実験は道内で初めて。

 同町内の農家2戸と「北欧の風 道の駅とうべつ」隣の農産物直売所を結ぶ1キロ区間で実施。全長2・4メートルで、機体のかごに最大重量30キロまで積めるスカイドライブ(東京)製で発売前のドローンを使用した。

残り:251文字/全文:485文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る