PR
PR

首都圏サラリーマン応援1000回 旭川育ちの朝妻さん代表の「女子チア部」

 「新型コロナウイルス禍の今こそ、ファイト、サラリーマン!」。名寄市生まれ、旭川市育ちのフリーアナウンサー朝妻久実さん(36)=東京都=が代表を務め、首都圏の駅前で通勤客をチアガール姿で応援するグループ「全日本女子チア部☆」が12日、路上応援活動1千回を達成した。

 路上応援は2009年8月に前代表が1人で始め、大学時代にチアリーディング部だった朝妻さんは翌年から参加。「日本のために頑張る人を『勝手』に励まそう」と都内を中心に週1、2回、通勤客にエールを送る。今春は新型コロナの影響で屋外での活動を控えたが、7月から、感染拡大防止策のマウスシールドを着用して再開した。

残り:166文字/全文:451文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る