PR
PR

災害時のトイレ 重要性学ぶ 函館で講演 市民ら参加

 【函館】「災害時に知っておきたいトイレの備え」をテーマに講演とワークショップで学ぶ講座が函館市地域交流まちづくりセンター(末広町4)で開かれた。市民ら26人が参加し、災害時におけるトイレの重要性や携帯トイレの利用方法を学んだ。

 同センターと北海道立市民活動促進センターが10月31日に開催した。

残り:304文字/全文:452文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る