PR
PR

積丹の住宅地でクマ被害相次ぐ 作業小屋の塩蔵サケなど食べる

 【積丹】後志管内積丹町美国町の住宅地で、今月に入ってクマの被害が相次ぎ、町が警戒を強めている。

 7日午前2時ごろ、町役場近くに住む漁業男性(53)が自宅周辺で体長約1メートルのクマを目撃。男性によると、近くのウニむき作業小屋に侵入し、いずし用に塩蔵していたサケの切り身約10キロとホッケ約30匹を食べていた。小屋の入り口が押しつぶしたように壊され、付近にふんが残っていた。

残り:261文字/全文:448文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る