PR
PR

明治の広告「引き札」小樽へ 石川の北前船主邸宅で発見 北陸銀支店に寄贈

 江戸時代に創業し石川県を拠点に財をなした北前船主の西谷(にしや)家の邸宅(同県加賀市)から見つかった明治時代のチラシ広告「引き札」3点が10月下旬、北陸銀行小樽支店(稲穂2)に寄贈された。寄贈は、同銀行前身の旧十二銀行小樽支店開設の背景に、北陸と北海道の北前船交流があったことが縁となり実現。北陸と小樽のつながりを示す貴重な資料として、北陸銀行小樽支店の応接室に飾られている。

 寄贈者は石川県加賀市の本瀬煕子さん。1894年(明治27年)に旧小樽倉庫を完成させた西谷家5代目庄八の子孫だ。

残り:458文字/全文:703文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る