PR
PR

下頓別駅跡、隠れた名所に 浜頓別・大山さん 環境整備続け31年

 【浜頓別】町内下頓別地区に住む元郵便局員大山武さん(84)は、31年にわたり、旧JR天北線下頓別駅跡の環境整備を続けている。人口減少が進む下頓別地区を盛り上げようと、駅名標の塗り直しや周辺の草刈りなどを続け、今では「鉄道マニアの聖地」として、浜頓別の隠れた名所となっている。

 JR天北線は1989年に廃線となった。下頓別駅跡は国道275号から少し離れた場所にあり、旧駅舎はないものの、駅名標とホームは残されている。駅名標がさびたり、色が剥げたりするたびに、大山さんは得意の絵画の腕を生かし、ペンキで塗り直している。今年も5月から9月にかけて行った。

残り:262文字/全文:537文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る