PR
PR

札幌西武跡に220メートルビル 札幌駅南口再開発案 60メートル低層棟と複合

 JR札幌駅南口の札幌西武跡地を含む札幌市中央区の北4西3街区再開発で、家電量販店ヨドバシカメラ(東京)などでつくる再開発準備組合は30日、高さ約220メートルの高層棟と約60メートルの低層棟からなる複合ビルを整備する事業計画案の概要を示した。同駅周辺は道内最高層のJRタワー(173メートル)があるほか、駅南口の商業施設「札幌エスタ」などがある北5西1、西2の両街区で最大約255メートルの新ビルなど高層建築物の建設計画が複数あり、完成すれば高層ビル群が誕生する。

 11月2日から縦覧が始まる市の環境アセスメント手続きの「環境影響評価方法書」で示した。2021年度の都市計画決定を経て着工の見通し。30年度末の北海道新幹線札幌延伸を見据え20年代中ごろの完成を...

残り:319文字 全文:692文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<特集>札幌再開発マップ いま何の工事中?
<特集>札幌集中のリアル

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る