PR
PR

校舎の窓に「ステンドグラス」262枚 札幌・手稲中生が手作り

 札幌市手稲区の市立手稲中(634人、駒込幸則校長)の生徒たちが、黒い画用紙に模様を切り抜いて赤や緑のセロハンなど張った「ステンドグラス」を校舎の窓に飾り、夜間に明かりをつけて保護者らに公開した。

 同校は、新型コロナウイルス感染予防のため、合唱や体育大会を中止。通常の学校祭も中止したが、全校で代わりの行事を行おうと、生徒会役員が「手稲夜明かり」と名付けてステンドグラス作りを企画した。

残り:219文字/全文:412文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る