PR
PR

南仏の教会襲撃、3人死亡 「過激派テロ」と大統領

 【パリ共同】フランス南部ニース中心部のノートルダム教会で29日、刃物による襲撃事件があり、男女3人が死亡した。容疑者の男は拘束された。同国の対テロ検察がテロ殺人の容疑で捜査を始めた。地元メディアが伝えた。現地入りしたマクロン大統領は「イスラム過激派によるテロだ。フランスが攻撃を受けた」と述べて非難。政府は国内のテロ警戒水準を3段階の最高に引き上げた。

 容疑者は駆け付けた警官の銃撃で負傷した。ニースのエストロジ市長は、容疑者が拘束後も「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたと明らかにした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る