PR
PR

ICT活用、スマート農業実現へ連携 帯畜大とNTT東日本が協定締結

 【帯広】帯広畜産大とNTT東日本は29日、情報通信技術(ICT)を活用した「スマート農業」の実現に向け、共同で研究に取り組む連携協定を結んだ。農畜産分野で帯畜大が持つデータと、NTTの分析技術を生かし作業の効率化や省力化の研究を進める。

 同社はICTで1次産業の省力化などを図る取り組みを東北大などと行っているが、農畜産分野で大学と連携するのは帯畜大が初めて。

残り:213文字/全文:394文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る