PR
PR

リンク製氷 24時間体制で 旭川・屋内スケート

 【旭川】旭川市の道北アークス大雪アリーナ(神楽4の7)で29日、屋内スケートリンクの製氷作業が始まった。11月14日の今季オープンに向け、24時間態勢で作業をし、氷を厚くしていく。

 アリーナの床板を外し、縦60メートル、横30メートルのリンクに氷点下約10度の不凍液が巡るマットを設置。旭川振興公社の職員がホースで約60度のお湯をまくと、リンクから白い湯気が上がる。氷の表面を溶かしながら滑らかにし、厚さ8センチになるまで、夜通し続ける。

残り:240文字/全文:460文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る