PR
PR

国会代表質問 説明せぬ首相の不誠実

[PR]

 国会は各党の代表質問に入り、立憲民主党の枝野幸男代表らが菅義偉首相の政治姿勢をただした。

 長期政権を担った安倍晋三前首相が退陣した後、与野党のトップが国会で初めて相まみえた。

 1年以内に行われる衆院選に向けて課題や争点を明確にする機会とすべきだ。

 しかし、菅首相の初日の答弁は、日本学術会議の会員候補6人の任命拒否問題をはじめ、木で鼻をくくったような回答に終始し、疑問点に正面から答えようとしない不誠実な姿勢があらわになった。

 首相が標榜(ひょうぼう)する「国民のために働く内閣」も、国民への説明責任を果たさなければ、看板倒れに終わるだろう。

 学術会議の任命拒否に関し、首相は「推薦通りに任命しなければならないわけではない、という点は内閣法制局の了解を得た政府の一貫した考えだ」と、法的に問題はないとの見解を改めて示した。

 首相の任命権を「形式的」とした過去の国会答弁との整合性がとれず、納得できない。都合良く法解釈を変更した疑いがある。

 拒否理由の説明を拒む一方で、「民間出身者や若手が少なく、出身や大学にも偏りが見られる」と学術会議側に人選の見直しを求めたのも理解しがたい。

 任命を拒否された6人の中には他に会員候補がいない大学に所属する人がおり、説明に無理がある。拒否を撤回すべきだ。

 森友学園や加計学園、桜を見る会の疑惑についても決着済みとの認識を示し、再調査に否定的な立場を崩さなかった。

 枝野氏は新型コロナウイルスで女性や若者が苦しい生活を強いられているとして、競争を重視する新自由主義的な社会のあり方が本当に正しいのかと指摘した。

 その上で首相の掲げる「自助・共助・公助」を、競争で成長を追い求めた「昭和の成功体験にとらわれた時代遅れのもの」と断じ、長期ビジョンの提示を求めた。

 首相は「まず自分でやってみる。そして家族や地域で助け合う。その上で政府がセーフティーネットで助ける」と所信表明演説の文言をなぞるだけだった。

 目指す社会像の競い合いが期待されたが、肩透かしに終わった。

 ただ枝野氏も手厚い公的支援による「共生社会」の実現を訴える自身の主張を力説するあまり、言い放しとなった感がある。

 国会審議を通じて、政府の政策の問題点を浮き彫りにする野党の役割を忘れないでもらいたい。

PR
ページの先頭へ戻る