PR
PR

倶知安新駅舎のデザイン、「羊蹄山」最多82% アンケートに町民回答

 【倶知安】2030年度開業予定の北海道新幹線倶知安駅のデザインは、やっぱり「羊蹄山」がいい―。町が9月に駅舎デザインにふさわしいキーワードやモチーフを町民アンケートで聞いたところ「羊蹄山」との回答が82・7%で、他を圧倒した。具体的にふさわしいデザインを尋ねる設問でも、「羊蹄山を眺望できるデザイン」との回答が62・0%でトップだった。

 羊蹄山以外のデザインモチーフの回答は、10~30歳代は「スキー、スノーボード」、40歳代は「国際的な」、50歳代以上は「ニセコ連峰」がそれぞれ回答の2位となり、年齢層で反応が分かれた。具体的なデザインへの回答では、20歳代を除く多くの年代層が「羊蹄山を眺望できる」をトップにあげた。

残り:179文字/全文:490文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る