PR
PR

最新鋭列車ようこそ網走へ 「はまなす」石北線運行 流氷飴配布 「ニポネ」も登場

 【網走】JR北海道が28年ぶりに新造した観光列車「はまなす」が24、25の両日、札幌発網走行き「オホーツク1号」と、網走発旭川行き「大雪4号」として石北線で運行された。網走駅では地元の観光関係者らが流氷飴(あめ)を配るなどして乗客らを歓迎。多くの鉄道ファンも詰めかけ、最新鋭の列車をカメラに収めていた。

 24日午後0時18分、ハマナスの花をイメージしたピンク色の列車が網走駅のホームに定刻通りに滑り込むと、観光関係者らが横断幕を広げ、市のマスコットキャラクター「ニポネ」も市職員らとともに乗客を出迎えた。

残り:265文字/全文:518文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る