PR
PR

白き大地の恵み ひょっこり 羊蹄山麓 ユリ根収穫始まる

 【真狩】後志管内の羊蹄山麓特産のユリ根の収穫が始まった。今年は夏場の気温が高く、適度な降雨もあり生育は順調。ただ、新型コロナウイルス感染拡大で業務用の需要が減少しており、価格の低迷が気がかりな状況だ。

 同管内真狩村の田村豊和さん(44)の農園では、15日から親族など7人で本格的に収穫作業を開始。ユリ根はすぐ傷むため、手作業で丁寧に土を掘り出すと、真っ白な大玉が次々と顔をのぞかせた。収穫まで6年かかり天候不順や病気に弱いが「今年は近年にないほど出来がいい」。ようてい農協(本所・後志管内倶知安町)は今年の取扱量を昨年より13%多い658トンとみている。

残り:96文字/全文:374文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る