PR
PR

中曽根氏合同葬 小中に国の弔意要請転送 千歳、岩見沢市教委「参考で」

[PR]

 内閣と自民党が17日に行う中曽根康弘元首相の合同葬に合わせ、文部科学省が国立大学などに弔意の表明を求める通知を出した問題で、千歳市と岩見沢市の教育委員会が16日、文科省の通知を「参考」として市内の小中学校に転送した。通知に従い学校が弔旗の掲揚などを行うと、特定の政党を支持する学校活動を禁止する教育基本法に抵触しかねず、地元の教員から批判の声が出ている。

 通知は弔旗の掲揚と黙とうを求める内容で、道教委が16日、文科省の要請に従って市町村教委に送った。文科省は学校への送付は求めておらず、道教委も道立学校に送っていない。

残り:189文字/全文:450文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る