PR
PR

1人最大3万円割引き 函館市の宿泊施設 来年2月から実施

[PR]

 【函館】函館市は16日、市内のホテルや旅館の宿泊料を1人最大3万円まで割り引く事業を来年2月から実施すると発表した。政府の観光支援事業「Go To トラベル」終了が見込まれる2月以降の観光客の反動減を緩和し、冬季の観光需要を喚起する狙い。

 市によると、1人1泊あたりの宿泊料金5千円以上が対象で半額を補助する。上限は1万円。交通費を含む旅行商品は1万円以上が対象で、1泊あたり一律5千円を補助する。いずれも3連泊まで利用でき、延べ20万人の利用を見込む。事業費は10億6千万円。

 そのほか、市内で使える2千円分の飲食クーポン券配布(事業費5億4千万円)なども実施する。(伊藤友佳子)

PR
ページの先頭へ戻る