PR
PR

「プロノ」発、一般アパレル 新業態店「ハミューレ」 先行ワークマンに対抗

 作業服・作業用品店の「プロノ」を運営するハミューレ(札幌)が、一般向けアパレル業に本格参入する。作業服と一般衣料の双方を扱う新業態店を23日、札幌市清田区にオープン。建設業者向けというイメージを刷新し、新たな顧客層の取り込みを図る。道内都市部や首都圏で多店舗展開する方針で、同様の一般客向け店舗で先行する同業最大手ワークマン(群馬)に対抗する。

 1号店の「ハミューレ羊ケ丘通店」は、旧プロノ清田店を改装。普段着にも使えるデザインの衣料品や女性用手袋、子供用靴など1100点以上を販売する。作業服の製造などで培った丈夫さや伸縮性といった機能性と、男性用防寒着なら中心価格帯が3990~4990円という手頃さをPRし、若年層やアウトドア愛好家などの顧客獲得を目指す。従来店との違いを打ち出すため、工具などの作業用品は販売しない。

残り:433文字/全文:796文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る