PR
PR

苫東厚真火力発電所で出火 定期検査中、けが人なし

[PR]

 【厚真】13日午後5時半ごろ、胆振管内厚真町浜厚真の北海道電力苫東厚真火力発電所で、2号機(出力60万キロワット)の建屋内にある潤滑油を入れたタンクから出火しているのを同社従業員が発見、119番した。北電によると同7時すぎに鎮火。けが人はなく、運転中の1、4号機に影響はなかった。胆振東部消防組合によると、タンクの周囲への延焼はない。

 2号機は23日までの定期検査のために運転を停止している。苫東厚真火発(総出力165万キロワット)は、道内で現在稼働中の発電所で最大規模。

PR
ページの先頭へ戻る