PR
PR

<デジタル発>市町村議会に残る「密室」 全道調査 会議と会議録非公開「ある」16%

 北海道新聞は、自治体議会で、会議の公開や会議録の作成・公開が議会の裁量に委ねられている委員会や議員協議会(全員協議会)について、会議や会議録の公開がどの程度行われているか、全道179市町村の議会にアンケートを実施した。会議、会議録とも公開していない会議があるのは29市町村で全道の16%に上り、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場選定に向けた文献調査応募を議論した後志管内寿都町議会が含まれる。情報公開に消極的な一部議会の姿勢が浮かび上がる。(佐藤圭史)



※マップ上の自治体名のポイント色は、議員協議会会議の公開状況を示す。青は「原則公開」、黄は「許可制」、赤は「原則非公開」、グレーは「設置なし」と「その他」。クリックすると、すべての会議の状況を表示

残り:1913文字/全文:2242文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る