PR
PR

時刻表オープンデータ化進む 道内のバスやフェリー 観光客数の底上げ期待

 北海道観光振興機構は、バスやフェリーといった道内2次交通の時刻表などのオープンデータ化を進めている。データが増えれば、インターネット上の経路検索サイトで提供される交通網が充実して移動が便利になるため、観光客数の底上げになると期待されている。同機構は各地で開催中の説明会を通じて、交通事業者らに協力を呼びかけている。

 同機構が提供を求めているオープンデータは、国際規格「GTFS」に沿った形式で、時刻表や停留所、運賃などの情報をまとめたもの。事業者はこれらの情報を各自で作成し、道内情報を集めたサイト「北海道オープンデータプラットフォーム」に登録。同プラットフォームの情報を国内外の経路検索事業者の検索システムに反映してもらう。

残り:727文字/全文:1041文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る