PR
PR

詐欺容疑で帯広の財団職員の男逮捕 札幌豊平署

 札幌豊平署は11日、詐欺の疑いで、帯広市柏林台東町5、帯広市文化スポーツ振興財団職員米山侑汰容疑者(22)を逮捕した。同署は特殊詐欺グループのカード回収役「受け子」とみて調べている。

 逮捕容疑は9月23日、共謀して札幌市清田区の60代女性宅に同署員を装って訪問し、女性から金融機関のキャッシュカード5枚をだまし取った疑い。

残り:82文字/全文:244文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る