PR
PR

道内政党 評価割れる 核ごみ調査 自民歓迎、公明否定的

[PR]

 後志管内寿都町と神恵内村が原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査について応募、受諾したことに対し、道内政党の評価は割れた。与党内でも、自民党は両町村の決断を歓迎する一方、公明党は短時間での決定に否定的な姿勢を示した。

 自民党道連の田中芳憲政調会長は、片岡春雄・寿都町長と高橋昌幸・神恵内村長について「勇気ある英断をした」と評価。鈴木直道知事が核のごみを「受け入れ難い」とする道条例を根拠に、両町村に慎重な対応を求めていることに対しては「自治権に関わる。知事は冷静に議論できる環境をつくるべきだ」と述べた。

残り:429文字/全文:701文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る