PR
PR

国と道、請求棄却求める アイヌ先住権訴訟 札幌地裁で初弁論

 アイヌ民族には地元の川でサケ漁を行う先住権があるのに不当に漁を禁止されているとして、十勝管内浦幌町のアイヌ民族団体「ラポロアイヌネイション」(旧浦幌アイヌ協会)が国と道を相手取り、同町の浦幌十勝川でサケ漁を行う権利の確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、札幌地裁(高木勝己裁判長)であった。国と道は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状によると、浦幌十勝川流域のアイヌ民族は江戸時代、集団(コタン)ごとに独占的にサケ漁をしていたと指摘。国による漁規制に対し「正当な理由がなく、漁業権は今もある」と訴え、河口から4キロまでの漁業権は各集団の子孫でつくる原告が引き継いだとしている。

残り:250文字/全文:542文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る