PR
PR

寿都 核ごみ応募表明 神恵内9日受諾 全国初調査 年内にも

 【寿都、神恵内】後志管内寿都町の片岡春雄町長は8日、記者会見し、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査について「応募を決意した」と表明した。同管内神恵内村の高橋昌幸村長も、臨時村議会が調査受け入れを求める村商工会の請願を賛成多数で採択したことを受けて記者会見し、「議会の結果を尊重する」と調査の受け入れを表明した。国が両町村での調査を認可するのは確実で、年内にも全国で初めて最終処分場選定に向けた調査が始まる。

 片岡町長は9日、処分事業の主体となる原子力発電環境整備機構(NUMO(ニューモ)、東京)に出向いて応募書を提出した後、梶山弘志経済産業相に応募を伝える。一方、経産省資源エネルギー庁は9日、神恵内村に担当者を派遣して調査実施を申し入れ、高橋村長は直ちに受諾する方針だ。

残り:740文字/全文:1099文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る