PR
PR

「鬼滅」複製商品販売疑い 旭川の男2人逮捕

[PR]

 【岩見沢】無断で複製した人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の関連商品を販売したとして、岩見沢署は7日、著作権法違反と商標法違反の疑いで、いずれも会社員の竹沢晋(39)=旭川市永山6の6=、木下智貴(36)=同市東光6の1=の両容疑者を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は2~6月ごろ、著作権を持つアニプレックス(東京)の許諾を得ずに複製した「鬼滅の刃」の登場人物のキーホルダーやフィギュアなどと、集英社(東京)が商標権を持つ題字を使ったペンケースなどをインターネットのフリーマーケットアプリを通じて販売した疑い。

残り:63文字/全文:320文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る