PR
PR

地元負担は年3億円 留萌線「部分存続」でJR

 【沼田】JR北海道が廃止とバス転換を求めているJR留萌線(深川―留萌、50・1キロ)について、沿線4市町でつくるJR留萌本線沿線自治体会議は1日、空知管内沼田町でJRとの協議を行った。沿線自治体は沼田町と留萌駅との間の廃止・バス転換の容認方針を伝え、JR側は一部存続の場合の地元負担は年間約3億円に上るとし、「バス転換が持続的な交通体系になる」との見解を示した。

 沼田町役場で開かれた会合は冒頭のみ公開。4市町の首長、JRの綿貫泰之副社長、道の担当者らが出席した。JRを交えた同会議の開催は初めて。

残り:258文字/全文:508文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る