PR
PR

秋晴れの日高山脈・神威岳

 【浦河、大樹】日高山脈の中南部にそびえる神威岳(1600メートル)は29日、雲ひとつない秋晴れに恵まれた。中腹は紅葉が盛りを迎え、山頂付近のダケカンバは葉を落とし「冬支度」が始まっていた。

 29日朝、日高管内浦河町の元浦川林道から入山。ニシュオマナイ川をさかのぼる。徒渉を繰り返す。足元は滑りにくいフェルト付き地下足袋だ。

残り:223文字/全文:385文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る