PR
PR

札幌で新たに17人感染 クラスター1件 新型コロナ

 札幌市は28日、新型コロナウイルスの感染者を新たに17人確認したと発表した。また、同日までに市内にある映像制作会社の社員7人の感染が分かり、新たなクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。道内の感染者は計2053人(実人数)となった。

 28日発表分の感染者のうち、感染経路が不明なのは9人。20代の男女3人と40代の男性2人、50代男性1人、年代非公表の女性1人、年代と性別非公表の2人だった。

 この日クラスターに認定された映像制作会社の感染者は20代~50代の社員7人で、このうち1人は市が28日発表した新規感染者に含まれる。市保健所は濃厚接触者を特定できているとして社名を非公表とした。クラスターの発生は道内39例目、札幌市では25例目。

 19日にクラスターと認定されたススキノ地区のホストクラブの感染者は1人増の計14人、25日にクラスター認定された「ツクイ札幌山鼻グループホーム」は1人増の計12人となった。

 ススキノ地区の接待を伴う飲食店関連の感染者は、28日までに2店5人増えて54店134人だった。

 一方、室蘭工業大(室蘭市)は28日、同大の学生1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同大によると、学生は8月以降、大学構内を訪れていない。学内で濃厚接触者はないという。(袖山香織、栗田直樹)

PR
ページの先頭へ戻る