PR
PR

GLAY・TAKUROさん母校 38年の歴史に幕 函館稜北高で閉校式典

 来年3月末で38年の歴史に幕を閉じる函館稜北高(函館市石川町)の閉校記念式典が27日、同校で開かれた。新型コロナウイルス感染防止対策のため体育館での式典出席者を約220人に限定したが、オンライン中継などで遠方の関係者も参加できるよう工夫した。

 同校と卒業生、PTAによる閉校記念事業協賛会の主催。

 田辺禎明校長は式典で、「学校の歴史に終止符を打つのは哀惜の念に堪えない。38年間本校を愛してくれた全ての皆さんに感謝する」とあいさつ。生徒会長の西村拓人さん(18)=3年=も「思い出の詰まった学校がなくなるのは寂しいが、仲間と過ごした日々は色あせず、心にいつまでも残る」と述べた。歴代PTA会長らへ感謝状を贈った後、校歌を斉唱して式典を締めくくった。

残り:255文字/全文:580文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る