PR
PR

コンサ初代社長 斎藤達さん死去

[PR]

 J1札幌の運営会社初代社長を務めた斎藤達(とおる)さんが、前立腺がんのため8月20日に亡くなっていたことが25日分かった。89歳だった。通夜、葬儀は終了した。

 札幌市出身で北大卒業後に川崎製鉄に入社し、川崎製鉄水島サッカー部(J1神戸の前身)の部長を務めた。豊平製鋼(当時)の社長を経て、1996年にJFLの東芝を母体に誕生した札幌の運営会社、北海道フットボールクラブ(現コンサドーレ)の社長に就任。97年に退任した。

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る