PR
PR

子どもの健やかな成長願う 千歳あめ袋詰めピーク 旭川・護国神社

 子どもの健やかな成長を願う「七五三参り」を前に、旭川市花咲町の北海道護国神社で、千歳あめの袋詰め作業がピークを迎えている。

 24日は同神社の巫女(みこ)ら5人が、祈祷に訪れた際に渡す千歳あめとお守り、シャボン玉や紙風船を手際よく袋詰めした。本殿で清めた後、子どもたちに手渡される。

残り:174文字/全文:315文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る