PR
PR

青函トンネル 新幹線の最高速度50キロアップ 年末年始5日間

[PR]

 国土交通省は24日、12月31日から来年1月4日の5日間、北海道新幹線の青函トンネル内で最高速度を現行の160キロから210キロに引き上げて走らせると発表した。約1年間の高速走行試験などで速度向上が可能と判断した。試験ではトンネル内での260キロ走行にもめどが付いたという。

 国交省は2030年度末予定の北海道新幹線札幌延伸後に1年間を通じてトンネル内を260キロで走行できるようにしたい意向で、JR北海道などとのダイヤ調整を進める考えだ。

残り:343文字/全文:564文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る