PR
PR

将来の期待込め1歳馬に熱視線 新ひだかでセール

 【新ひだか】競走馬サラブレッド1歳馬の競り市「セプテンバーセール」(日高軽種馬農協主催)が22日、町静内神森の北海道市場で3日間の日程で始まり、初日から活発な競りが展開された。

 今年は上場頭数が多く、昨年より1日増やして開催。3日間で昨年実績比151頭増の643頭が上場される予定だ。午前中から全国の馬主らが市場を訪れ、正午の開始とともに、競り上げのかけ声が市場内に響いた。

残り:180文字/全文:368文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る