PR
PR

豊島竜王、叡王初獲得で二冠復帰 叡王戦7番勝負第9局

 将棋の第5期叡王戦7番勝負の第9局は21日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、挑戦者で先手の豊島将之竜王(30)が111手で永瀬拓矢叡王(28)を破り、対戦成績4勝3敗2持将棋(引き分け)で初獲得、竜王との二冠に復帰した。

 今期の7番勝負は熱戦が続き、持将棋が2度も成立する異例のシリーズとなった。現行のタイトル戦で、第9局までの開催は初めて。

 豊島新叡王は18年の棋聖戦で初タイトルを獲得。19年12月には、史上4人目となる竜王、名人のビッグタイトルを同時に保持。今年8月15日、名人を防衛できず、竜王の一冠となっていた。永瀬前叡王は王座の一冠のみに後退した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る