PR
PR

あおり運転、空陸一体で警戒 札幌西署 秋の交通安全運動始まる

 秋の全国交通安全運動が始まった21日、札幌西署は道警航空隊と連携し、札幌市中央区と西区の市道「北1条宮の沢通」で、他車への妨害などあおり運転に対する取り締まりを行った。

 中央区宮の森から西区西野の区間約6キロを、道警ヘリが上空から1時間監視し、警察車両8台と連絡を取り合った。あおり運転の摘発は無かったものの、シートベルトの装着義務違反疑い1件が上空のヘリから確認されたという。

残り:116文字/全文:306文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る