PR
PR

礼文で突風 民家など被害 道内各地で荒天

[PR]

 低気圧の影響で道内は21日も大気の状態が不安定になり、札幌管区気象台は根室管内別海町で午後5時20分までの1時間降水量が約90ミリに達したとして記録的短時間大雨情報を出した。宗谷管内礼文町によると、20日の突風で建物被害が少なくとも14件発生。稚内地方気象台は竜巻の可能性があるとして職員を派遣し、調査を始めた。気象台は全道で土砂災害や河川の増水に注意を呼び掛けている。

 礼文町によると、21日午後5時までに建物被害14件が確認された。このうち民家1棟、漁師の共同作業場など5棟では、屋根が飛ばされたりはがれたりした。そのほか、漁船3隻が流されたほか2隻が壊れるなどの被害も出た。

残り:96文字/全文:387文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る