PR
PR

筆に平和や新型コロナ終息願う 札幌護国神社で奉納揮毫

 国連が定める「国際平和デー」の21日、北海高書道部部員と書道家が、札幌市中央区の札幌護国神社で平和や新型コロナウイルスの終息、人々の心の平安を祈る奉納揮毫(ごう)を行った。

 奉納揮毫は全国の書道家らでつくる「和プロジェクトTAISHI」の主催で、同日、全国48の護国神社で行われた。

残り:243文字/全文:385文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る