PR
PR

道内15人感染1人死亡 7人が経路不明 新型コロナ

 道と札幌市は21日、新型コロナウイルスに感染した居住地非公表の80代男性1人が死亡し、新たに15人の感染を確認したと発表した。感染経路が不明なのは7人だった。感染者が10人を超えるのは4日連続。道内の死者は107人、感染者数は1953人(実人数)となった。

 札幌市発表分は、居住地非公表1人を含む10人。内訳は10~40代の男女6人と年代や性別非公表の3人だった。

 発表分のうち4人は、19日にクラスター(感染者集団)と認定された同市中央区ススキノ地区のホストクラブの従業員と客の計2人と市内ライブハウスの出演者ら2人。ホストクラブは計12人、ライブハウスは計7人が感染したことになる。

 道発表分は石狩管内の3人と胆振、オホーツク管内の各1人の計5人だった。

 また、ススキノ地区の接待を伴う飲食店関連の感染者は21日までに1店5人増え、49店122人となった。(袖山香織)

PR
ページの先頭へ戻る