PR
PR

JR快速エアポートなど16本運休 列車に異音で

 20日午後4時45分ごろ、JR函館線の白石(札幌市白石区)―苗穂(同中央区)間を走行していた岩見沢発小樽行きの普通列車(6両編成)の乗務員が異音を聞き、列車を緊急停止させた。車両と線路を点検し、安全が確認できたとして、約30分後に運転を再開した。この影響で函館線と千歳線で、快速エアポート6本を含む列車16本が運休または部分運休し、計1800人に影響が出た。

PR
ページの先頭へ戻る