PR
PR

宮城の果実、新幹線で函館へ輸送 JR東日本が空きスペース活用 「地方間地方」は初

 JR東日本は18日、北海道新幹線の車両を使って、宮城県産の取れたての果物を仙台駅から新函館北斗駅まで輸送した。新幹線で地方の1次産品を首都圏に運ぶケースはあったが、地方と地方を結んでの輸送は初めて。コロナ禍で旅客需要が落ち込む中、速さを売りに新幹線の空きスペースを有効活用し、新たな物流需要を開拓したい考えだ。

 今回の輸送にはJR北海道も協力。前日収穫したナシとブドウ計18キロを、午前6時40分仙台発「はやぶさ95号」の車内販売ワゴンなどを収容するスペースに積み込んで輸送した。果物は函館市内で19日から開かれる物産展で販売される。トラックとフェリーを使うのに比べ、道路事情などに左右されず、より新鮮な状態で短時間に運べるという。20日にも追加で輸送する。

残り:95文字/全文:425文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る